特色

多様な人材を受け入れます。

資格・経歴等を積極的に評価するなどして、様々なバックグラウンドを持った多様な人材を受け入れる工夫をしています。また、グローカル(グローバル+ローカル)という教育理念に沿うよう、入学者選抜では、英語力を重視した特別枠も設けています。合格者に占める社会人・非法学部出身者の割合が3割を下回らないように留意しています。

徹底した少人数教育で、きめの細かい充実した指導を行っています。

入学定員16名に対し、16名の専任教員がおり、専任教員一人当たりの学生数は約1名となっています。このような徹底した少人数教育のメリットを活かし、各学生の実力に応じた、きめの細かい充実した指導を行っています。
また、専任教員のうち6名は実務家教員(現役弁護士、元裁判官、元検察官)ですが、複数の科目で研究者教員と実務家教員が共同で授業を実施するなど、理論と実務の架橋を重視した教育を行っています。なお、非常勤講師には、現役弁護士が多数おり、また、現役の裁判官と検察官(派遣裁判官と派遣検察官)の指導も受けられます。

指導教員制度を採用し、学生生活・進路のサポートを行っています。

琉球大学の伝統である指導教員制を法科大学院でも採用し、各学年に2名~3名の指導教員をおいています。指導教員は、入学から修了まで、学生に丁寧な履修指導を行うとともに、学生生活・進路等の相談指導にあたっています。

沖縄ならではの特色科目を提供しています。

本法科大学院のグローカルという教育理念に基づき、ハワイ大学ロースクールでの研修プログラム(英米法研修プログラム」として単位認定)のほか、「日米関係」、「米軍基地法」、「沖縄企業法務」及び「沖縄と公法」などの特色ある科目を提供しています。中でも特色のある科目として評価の高い「米軍基地法」は、米軍基地関連法体系を学ぶだけでなく、自治体担当職員の説明や基地視察などもあり、総合的な視点から提供されています。

ハワイ大学ロースクールと提携するなど、国際交流を促進しています。

本法科大学院は、その理念である「地域にこだわりつつ世界を見る法曹の養成」の実現に向けて、ハワイ大学ロースクールとの間で交流協定を締結し、2004年の開設以来、毎年ハワイ大学ロースクールでの短期研修プログラムを実施してきました。これは全国的にも例がなく、高い評価を受けています。同プログラムでは、英語による特別授業を受けたり、現地の学生とともに講義を聴講したりしています。同プログラムは、英米法研修プログラムとして単位認定されます。また、ハワイ州最高裁判所、法律事務所、州議会なども訪問しており、これにより、参加した学生の法曹になるモチベーションも高まっています。

沖縄弁護士会と密接に連携し,教育の充実・学修支援の強化を図っています。

沖縄弁護士会には琉球大学法科大学院を支援する特別委員会が設置されており,その密接な連携関係の下,多くの弁護士が専任教員,非常勤講師及び補助教員(アカデミック・アドバイザー)として直接教育に関与しているほか,側面からの学習支援として,弁護士会による答案練習会や学生の自主ゼミへの弁護士チューターの派遣なども無料で実施されています。


ページの先頭へ