修学支援

指導教員制度

学年ごとに、2名~3名の指導教員をおいています。指導教員は、履修方法・成績・進路・経済的支援制度の利用等について、学生から随時相談を受け付け、親身に、指導・アドバイスします。

オフィス・アワー

専任教員は、学生からのさまざまな相談に応じるため、また担当授業科目についての質問を受けるため、最低週1コマのオフィス・アワーを設けて研究室等で待機しています。

沖縄弁護士会との連携

沖縄弁護士会との連携により、新司法試験に合格した若手弁護士が、AA(アカデミック・アドバイザー)として、授業をサポートしています。
また、沖縄弁護士会提供のサマースクールや答案練習会が実施され、さらに、学生や修了生の自主ゼミのチューターに若手弁護士を派遣する制度もあります(司法試験合格者の多くが、かかる沖縄弁護士会の支援制度を利用しています。)。


ページの先頭へ