平成31年度入学者選抜の概要

平成31年度入学者選抜の概要

注) 詳細は、必ず平成31年度 学生募集要項で確認してください。

    1. 募集人員(定員16名)

      甲方式 A日程 7名
      (うち特別選抜3名程度)
      2年コース(法学既修者対象) 2名程度 14名
      3年コース(法学未修者対象) 5名程度
      B日程 5名
      (うち特別選抜2名程度)
      2年コース(法学既修者対象) 2名程度
      3年コース(法学未修者対象) 3名程度
      C日程 2名
      (うち特別選抜1名程度)
      2年と3年コースをあわせて 2名程度
      乙方式 3年コース(法学未修者対象) 若干名
  1. 試験日程等

    事項 期日
    甲方式 A日程 出願期間 平成30年7月13日(金) ~ 7月25日(水)【当日消印有効】
    選抜試験 平成30年9月1日(土)、9月2日(日)
    合格者発表 平成30年9月20日(木) 11:00
    B日程 出願期間 平成30年9月21日(金) ~ 10月3日(水)【当日消印有効】
    選抜試験 平成30年10月27日(土)、10月28日(日)
    合格者発表 平成30年11月22日(木) 11:00
    C日程 出願期間 平成31年1月8日(火) ~ 1月18日(金)【当日消印有効】
    選抜試験 平成31年2月9日(土)、平成31年2月10日(日)
    合格者発表 平成31年2月28日(木) 11:00
    乙方式 出願期間 平成30年8月1日(水) ~ 平成31年1月31日(木)【当日消印有効】
    ※ただし、定員に達することが確定した場合、以後の出願を受け付けないことがあります。その場合には、当サイト上で告知します。
    第1次審査合格発表 上記出願期間中の奇数月(9月、11月、1月)末日までの出願者につき、翌月第3水曜日(10月17日、12月19日、2月20日)11:00
    最終審査(面接) 平成30年10月下旬~平成31年3月中旬まで随時(第1次審査合格発表の日から概ね1か月以内を目途に、原則として、受験者の居住する都道府県の県庁等所在地で実施)
    最終合格者発表 随時(最終審査の面接時に書面で告知します。)
  2. 試験場

    甲方式 A日程 琉球大学試験場、東京試験場、大阪試験場、福岡試験場
    B日程
    C日程
    乙方式 原則として、受験生の居住する都道府県の県庁等所在地で実施
  3. 試験科目等

      • 甲方式

                  1. 2年コース(法学既修者対象)…ABC日程共通
                    科目 内容 配点
                    一般選抜
                    (100点)
                    特別選抜
                    (100点)
                    提出書類 入学志願票、志願理由書、成績証明書、推薦書(任意) 10点 5点
                    面接 提出された書類を資料として個人面接を行い、法曹(法律家)の資質や本法科大学院への適性があるかどうかを見ます。 20点 15点
                    法律試験 下表に掲げた試験科目について、論述式の試験を行い、同表記載の配点で採点した上で、これを右欄記載の点数に換算した点数をもって、その成績とします。 70点 60点
                    TOEFL又は
                    TOEICのスコア
                    TOEFL-iBT(TOEFL-ITPは不可)またはTOEIC(TOEIC-IPは不可)のどちらか一方のスコア。 20点
                    法律試験の試験科目と配点
                    科目 配点 出題範囲
                    憲法 100点
                    刑法 100点
                    民法 150点  平成29年度改正民法に基づいて出題する。
                    商法 50点 会社法(総則を除く。)に限る。
                    民訴法 50点 上訴・再審の部分を除く。
                    合計 450点

                    ※平成 29 年改正民法とは,平成 29 年 6 月 2 日に公布された「民法の一部を改正する法律(平成 29 年法律第 44 号)」により改正された民法のことであり,平成29年改正民法の条文を適用して出題に解答する必要がある。ただし,受験生の多くが改正前の民法を学んできたことに配慮して,改正前後で考え方に大きな変更がない問題を中心に出題します。

                ※商法及び民訴法は、200字程度の短文の事例問題を出題します。

            1. 3年コース(法学未修者対象)…ABC日程共通
              科目 内容 配点
              一般選抜
              (100点)
              特別選抜
              (100点)
              提出書類 入学志願票、志願理由書、成績証明書、推薦書(任意) 10点 10点
              小論文 時事・社会問題等に関する小論文 45点 35点
              面接 提出された書類と小論文の答案を資料として個人面接を行い、法曹(法律家)の資質や本法科大学院への適性があるかどうかを見ます。 45点 35点
              TOEFL又は
              TOEICのスコア
              TOEFL-iBT(TOEFL-ITPは不可)またはTOEIC(TOEIC-IPは不可)のどちらか一方のスコア。 20点
  • 乙方式

    課題レポート時事・社会問題等に関する課題についてのレポート。25点

    科目 内容 配点
    第一次審査の配点
    提出書類 入学志願票、志願理由書、成績証明書、推薦書(任意) 25点
    課題レポート 時事・社会問題等に関する課題についてのレポート。 25点
    第二次審査の配点
    小論文 時事・社会問題等に関する小論文 25点
    面接 提出された書類を資料として個人面接を行い,法曹(法律家)の資質や本法科大学院への適性があるかどうかを見ます。 25点

関連する記事


ページの先頭へ