支援態勢

奨学金制度

鎌倉フェローシップ・沖縄ロースクール奨学金

一般財団法人鎌倉フェローシップのご好意による新入生を対象とした給付型の奨学金です。対象者には年額36万円が3年間給付され、返還義務はありません。入学後、申請書類を提出した新入生の中から1名から2名の対象者が、プレゼンテーション等の審査を経て決定されます。本奨学金についての詳細は、一般財団法人鎌倉フェローシップのホームページで確認してください。
鎌倉フェローシップ・沖縄ロースクール奨学金

当山フェローシップ・琉球大学法科大学院奨学金

沖縄弁護士会会長や九州弁護士会連合会理事長を歴任された琉球大学OBでもある当山尚幸弁護士から、沖縄における法曹養成・人材育成に役立てて欲しいということで毎年ご寄付いただいている寄付金を基とした給付型の奨学金です。対象者には年額36万円が、既修コースの場合は2年間・未修コースの場合は3年間給付され,返還義務はありません。入学後、応募者の中から書類審査や面接等によって1名の対象者が決定されます。本奨学金についての詳細は、入学後にお知らせいたします。

日本学生支援機構奨学金

在学生のほぼ半数が利用している日本学生支援機構の貸与型の奨学金です。無利息の第一種奨学金(月額8万8000円)と有利子の第二種奨学金(月額5万円~20万円)があり、併用も可能です。入学者選抜試験の成績(または在学中の成績)、家計状況等を考慮して、採否が決定されます。
在学中に特に優れた業績を上げたと日本学生支援機構が認定した者(成績優秀者)については、第一種奨学金の全部または一部の返還義務が免除されるという制度もあります。本奨学金についての詳細は、日本学生支援機構のホームページで確認してください。
独立行政法人日本学生支援機構-JASSO

授業料免除制度

成績優秀者授業料免除制度

成績優秀者は、年間の授業料が全額免除されます。新入生については入学者選抜試験の成績が、在学生については法科大学院における前年度の成績が、それぞれ考慮されます。入学者については、5名程度(既修者コース3名程度、未修者コース2名程度)の成績優秀者に対して全額免除とすることを予定しています。入学辞退者が出た場合には、半額免除の活用のも含めて、入学生・在学生がバランスよく支援を受けられるよう、あらためて協議した上で決定いたします。

経済的困窮者の入学料および授業料免除制度

経済的に困窮している世帯の学生について、入学料と授業料の双方または一方を、全額または半額免除する制度です。世帯の前年度の収入と学部時代または在学中の成績を考慮して、決定されます。


ページの先頭へ